toggle

History

FOUR GENERATIONS-
ONE PASSION

1885

成功には勇気と情熱が必要です。我が社の創立者である、ヴィルヘルム・シンメルはそれを示しました。ピアノ製作のトレーニングを終了するとすぐに彼はレイプツィッヒに自社の工房を設立し、1885年の始めからピアノの生産をはじめました。彼が作った楽器は非常に印象的でした。それは、ほかより優れた技術と美しい音色、コンテンポラリーなフォルムにおいてでした。彼の成功によって、”高品質なものを作れば製品が売れる”という、彼のスローガンは証明されました。

1885

ヴィルヘルムの息子、アルノ・シンメルは会社の経営を引き継ぎ、拠点をブラウンシュヴェイク(Braunshweig/Brunswick)に移しました。そこは彼が1930年代の主要な改革の一つ、バックポストのない、新しいアクションとユニークな音色を持った小さなビアのを開発した場所です。家族の会社は’50年代末まで繁栄し続けました。シンメルの楽器は最も頻繁に購入されたドイツ製のピアノであり、世界中に輸出されました。

1961

ニコラス・ヴィルヘルム・シンメルが会社の代表になり、三代目として引き続き事業の拡大に力を入れました。売上げ増加にともない事業所を拡張してゆきました。シンメルはドイツで最も売れているピアノになり、今も変わりありません。1951年に創作されたガラスのグランドピアノは現在では熱狂的な支持をうけています。研究開発分野にも幅広く注力しています。
シンメル・クラシック・ラインと並行して、シンメル・コンツェルト・ラインも約20年以上もの間、開発を続けてきました。その結果、シンメルは、市場での主導的地位を確固たるものにしたのです。

1885

ニコラス・ヴィルヘルム・シンメルは会社の経営を義理の息子のハンス・シンメル・ヴォーゲルに引き継ぎました。
ハンス・シンメル・ヴォーゲルは、創業時の’品質が勝利する’という理念を継承し、シンメルブランドのコンセプトを拡大するとともに、コンツェルト・ラインに新製品を投入し、幅広いラインアップを完成させました。
21世紀に入り、シンメルは最も多くの受賞歴があるドイツピアノになりました。それは音やタッチだけでなく、時代を超えて上品な製品デザインによるものです。この勇気ある革新とピアノ製造への情熱はまた、この家族事業の今後の展開を特徴づけ、私たちのグランドピアノ、アップライトピアノの卓越した品質を保証してくれるでしょう。

Made in Germany

History

showroom

catalog, price litst

contact